昼休みナツコ うきうきウォッチング

札幌カフェ、音楽、DIY、本についてつらつら書いています。

【私の勝手な思い込みシリーズ】ダッフルコート切る男性。

f:id:rip369:20180112081955j:plain

おはようございます。札幌おしゃれカフェライターの昼休みナツコです。

 

私の勝手な思い込みシリーズ。

ダッフルコートを着る

笑顔の素敵なマイルド系な男性は

胡散臭い。

 

自分が可愛いと思ってきてるんでしょ。

とか思ってしまうのです。

いや、可愛いからいいんだけどさ。

あざとさが見えてるのよ。隠せ隠せ。

 

これでミトンの手袋とかはいたら、私の中の火山が大噴火、どっかーん。

わたしはダッフル男子にすごく皮肉を込めて

「ダッフルとミトン可愛いですね~」

と着用している理由を聞いてしまうだろう。

いじわるでも、なんで着ているのか知りたいのだ。

 

私の謎のこだわりでした。

 

 

 

私たちは、結局は仕事をして認められたいのだ。

f:id:rip369:20180111234051j:plain

 

こんばんは。札幌おしゃれカフェライターの昼休みナツコです。

仕事をやめたいなーと思うとき

仕事やめたいなーと思うことありませんか?

好きな仕事やりたいなーと思うことありませんか?

私は常に思っています。

仕事の何が不満なんだろう。

 

たぶん、

仕事で自分が認められていないってことが不満なんだと思う。

自分の居場所があんまりないのかも。

誰かに喜んでもらいたい

人間って誰かに喜んでもらえると嬉しいですよね。

子どももテストでいい点とれたら親に喜んでもらえるから頑張るし、

大人も自分の関わった仕事が、相手に喜んでもらえると嬉しい。

喜んでくれる=認めてくれる→安心

仕事で誰かに喜んでもらえると

それは自信につながります。

 

”喜んでくれる=認めてくれる→安心”

 

ということになるのかな。

「これをやると喜んでくれるんだ」

「わたしのやったことで喜んでくれている。これでいいんだ。」

と自分のやっていることに自信がもてる。

そうすると、自分を自分で認めることができて

私はここにいていいんだという安心感が生まれる。

これが自己肯定感ってやーつですね。

 

 

今すぐ仕事は変えられないよ~

誰かに喜んでもらえる仕事が毎日できたらいいな。

毎日感謝される仕事ってなにかな。

 

いますぐ仕事を変えられないのなら

今の仕事が「誰に喜んでもらうためにしているのか」考えてみたらいいのかも。

「実は、私の仕事は〇〇にも喜んでもらってるし、〇〇にも喜んでもらっている」

と新たな発見につながるかもしれない。

意外と誰かのためになっているのです。

仕事って他人ありきでできているからね。

 

さぁ、私も考えよう。

 

 

 

 

昼休みが嫌いである。昼休みは一人で過ごしたい。

札幌オシャレカフェライターの昼休みナツコです。

 

今日の朝はモヤモヤしてベッドの中で大声をあげました(笑)

f:id:rip369:20180110141306j:plain

 

みなさん、昼休みは好きですか?

私は嫌いです。(自分の名前なのに笑)

なぜ嫌いなのかというと

お昼になると職場の人たちに

「ごはん何食べますか~ ?」

「〇〇さんご飯もってきてますか~?」

といちいち確認すること。

 

職場でずっと一緒なんだから

昼ごはんくらい一人で食わせてくれ。

スマホチェックさせてくれ。

休憩する時間が、仕事以上にコミュニケーションをとらなければならない

地獄の時間になっている。

 

こういうお昼の問題が起きるのは一定の期間だけなんですけどね。

ああ早く日常にもどりたいなぁ。

 

かといって、私の前にいた職場はひとりひとり机に向かって無言で食べる会社でした。

それはそれでツライ。

 

どっちがいいのかね。

 

究極の解決方法は、

愚痴も言い合える同期と過ごす昼休みが快適だと思われます。

 

解決方法おしてくださーい

 

【札幌カフェ】バスセンター近くにめちゃうまパン屋さん。大人の贅沢パン『ア・トン・コテ (a ton cote)』ホットチョコレートが濃厚。パンも一級品。

札幌オシャレカフェライターの昼休みナツコです。

今日は1月なのに雨が降りましたね。

びっちゃびちゃやーん。さみーーーー

私は雨よりも雪の方が好きです。

冬の雨はほんとに冷たい。辛い。痛い。(寒さで痛いんです。雪国の人ならわかるはず。)

 

そんな冷え切った体にちょうどいいお店があるんです。

 

 

濃厚なホットチョコレートにとろけそう。アトンコテ

f:id:rip369:20180109230120j:plain

このホットチョコレート濃厚すぎるんです。

びっくりするくらい濃厚。

うおーーーチョコレート飲んでるぞーーーーー

っていう幸せがのどを通ります。

ちびちび飲むのがおすすめです。

ちびちびでもかなりの幸福感味わえますよ♡

 

パンの味は一級品。大人の贅沢パン。どれも洗練されていておいしい。

f:id:rip369:20180109225843j:plain

なんといってもここの看板商品はパンですよ。

朝の8時から営業しております。出勤前にも食べられますね。

味はもう完璧です。

店員さんがバーテンダーのような制服着ている意味が分かる。

大人の贅沢なパンである。

これは。子供にはもったいない味だ。

f:id:rip369:20180109225845j:plain

モーニングをしていたり、ランチもしたり、ディナーもあったりと

色んな顔を持つお店ですね。

夜にまた行ってみたいな~^^

店員さんも親切で笑顔の絶えないお店でした。

f:id:rip369:20180109225846j:plain

アクセス方法

バスセンター前で降りるのが一番近いですね。

 

 

【札幌カフェ】札幌の隠れ家的カフェ。ハリネズミ珈琲店。一人で落ち着く空間にいきたいならここ!おひとり様

札幌オシャレカフェライターの昼休みナツコです。

今日の札幌は雪がすんごいです。

もりもり積もっております。

夜中に除雪機が動いてくれたおかげでなんとか道がある。。。

ありがとうございます、ですね。

 

ハリネズミ珈琲店にいってきた。癒される。おひとり様OK

f:id:rip369:20180107072248j:plain

あぁ、ハリネズミってこんなに可愛かったっけ?

お店のあちこちにハリネズミさんが隠れています。

その可愛さに写真パシャパシャ。インスタ映え

店内は北欧風で壁紙も目に優しいブルーなのでとても落ち着く~。

一人席やカウンター席などが多くあり

一人でも全く問題なく入れて居心地よいです。

 

優しい店主さんが出迎えてくれます

f:id:rip369:20180107072250j:plain

寒い心にしみるカフェオレ。

私は友達といったのでテーブル席に座りました。

コーヒーカップも一つ一つ違って写真を撮るのが楽しい!

 

アクセスなど

 南2西5なので買い物帰りにふらりと寄れますね。

とても居心地のいいカフェでした。

女子と利用するのに便利!!

 

 

 

冬の朝に起きられない。朝日がないと起きられない。不安になる女、26歳。

おはようございます。

私はできれば4時に起きて色んなことをしたい。

仕事であったり

f:id:rip369:20180106085549j:plain

おはようございます。昼休みナツコです。

私はできれば毎朝4時に起きて色んなことをしたい。

仕事であったり、掃除であったり、運動であったり、ブログ書いたり、

すべてを午前中に終わらせたい性格です。

世の中の人が活動していない静かな時に一気にやってしまいたいのです。

 

しかし、冬は起きられない。

やーだーーー。どうしてーーー。

これがストレスの原因になっています。

早く起きたいのに起きられない。

 

なぜ起きられないのかというと、外が暗いから。

夏や朝日が出ている日だと「あー晴れてる!気分がいいな!今日も頑張るぞ!」という気持ちになってすがすがしく起きられるのですが、

 

 

冬で日の出が7時くらいの時は

「え、まだ暗い。暗いから私の活動できる時間じゃないわ。まだ寝ようかしら。遅刻しそうだけど、暗いし、やる気でないし、寒いし、あと5分だけ」みたいなネガティブモードになってしまいます。

 

解決方法あるのかなー。

日の出が早くなるのを待つしかないのかなー。

そうしたら私、毎年冬になると使い物にならないじゃん。(笑)

やだやだそんなの。

冬でも強制的に4時5時には起きたいです。

いいアイディア下さい。

「気合いだ!」とかでも構いません。

 

 

 

 

 

 

 

【札幌カフェ】札幌でレアチーズケーキを食べたいと思ったらここ!隠れ家的カフェ!カフェ・ラ・バスティーユ (Cafe la BASTILLE)

こんにちは。札幌オシャレカフェライターの昼休みナツコです。

ふとレアチーズケーキ食べたくなる時ってありませんか?

酸味があってクリーミーで口の中で広がる味が欲しいことありませんか?

 

私だけ?私は無性に食べたくなる時がありまして、

ちょうどこの日は大通にいて

レアチーズケーキのお店を探していました。

そして見つけたのがここ!

カフェ・ラ・バスティーユ (Cafe la BASTILLE)

f:id:rip369:20171229114404j:plain

みてください。このおっぱいみたいなレアチーズケーキ。

私の第一印象はおっぱいです(笑)

でも一口食べてみると、幸せすぎて驚きました。ふわっふわ。

ふわふわあっさり、でも余韻は残るという感じでしょうか。

レアチーズは甘すぎず、上のブルーベリーソースと見事なマッチングです。

コーヒーとの相性も抜群です。

レアチーズケーキが500円、コーヒーとセットで900円だったかな?

f:id:rip369:20171229114341j:plain

おっぱいって幸せがつまってるなと思いました(笑)

 

店内はとても落ち着く

 

f:id:rip369:20171229114257j:plain

入り口はわかりにくいのですが、赤い屋根が目印です。

 

f:id:rip369:20171229114307j:plain

私は奥の方にある席に行きました。

なんとお客さんは、1人しかいない。快適。落ち着く。

店内も意外と広いんですよ。席数も結構ある。

f:id:rip369:20171229114331j:plain

コート掛けもあるので荷物が邪魔にならない!!

f:id:rip369:20171229114352j:plain

ちょうどクリスマス時期で、ちょこんと飾りがありました。

f:id:rip369:20171229114413j:plain

これは、別の入り口にあった看板。

みなさん見つけられるかな?

 

アクセス方法

テレビ塔のすぐ近くです。

ルトロワと創成側の間というのか、ちょっとわかりにくいところにあります!

 

レアチーズケーキは食べてみる価値ありです!!